「次世代モビリティ」として期待される電動キックボードの講習会が9月17日、静岡県静岡市で開かれました。

静岡市の清水港で開かれた電動キックボードの講習会は正しい乗り方やルールを学んでもらおうと静岡市と民間業者が開きました。

参加者はクイズを通じてルールを学んだり、スラローム走行や段差を乗り越えたり、電動キックボードの基本的な乗り方を体験しました。

<講習に参加した人>
「楽しかったです。また乗りたいです」
「結構速度も出て、スムーズに走れるので実際公道でも走れたらチャリよりも楽ですごい使い勝手は良いかなと思います」

道交法の改正によって運転免許がなくても運転できるようになるなど規制が緩和される2024年の春を見据え、静岡市は電動キックボードの利便性や基本的なルールを伝えていきたい考えです。

<静岡市 都市計画部交通政策課 城守匠さん>
「まずは快適に乗っていただくためには安全なルールを知っていただくことが大事になると思いますので、こうした安全ルールの周知活動を継続的に行なっていきたいと思います」

静岡市は今後も月に1回程度講習会を開く予定ということです。

9月17日放送