電動キックボードを使っているけど、万が一の事があったり、メンテナンスをするときにどこで修理したらいいかについてで悩んでいませんか?そんなあなたに、電動キックボードを誰がどのようにして修理するのかについてご紹介します。

この記事を読んで少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

どこをどのように修理すればいいの?

電動キックボードにもメンテナンスが必要で、故障したら修理が必要です。 しないと使い捨てになってしまいます。

メンテナンス

車や他のEVと同様に、電動スクーターにはメンテナンスが求められます。4〜6ヶ月間隔のメンテナンスを推奨します。

モーター

Inokim QuickとIMAX S1などで一般的なブラシレスモーターは、洗浄と潤滑が必要です。 ほこりや汚れは通常モーター内部に蓄積し、取り除くために分解する必要があります。

タイヤ

ほとんどの電動スクーターのタイヤは、1年または約1,500kmで交換する必要があります。 50,000kmかそれ以上もつ乗用車のタイヤとは異なり、電動スクーターのタイヤはその小さいサイズにより自動車のような耐久性がありません。


頻繁に乗るなら細かいメンテナンスが求められそうです。

故障した場合は自分でいじるのが苦でなければ問題ないのですが、そうでなければサービスが必要です。

車やバイク、自転車なら店に直接持ち込んだり、回収に来てくれさえしますが、電動キックボードは現在日本ではネット通販主流では無いでしょうか? 持ち込むところがなければ使い捨てが選択肢に入ってくる人はいそうです。

1500kmも乗らないよと思うかもしれませんが突発的な故障はありえます。電動キックボードを購入するときはメンテナンスや修理の事を考えておいたほうが良いと思います。

ZERO9を日本で販売しているHop-on!こちらは郵送で修理を受け付けているようです。

電動キックボードはどこで修理できる?

まずは商品のメーカーや代理店に相談

ドイツやアメリカでは日本より早くから公道での使用が認められ、観光客や地元住民にも日常的に使用されている電動キックボード。エコで手軽な乗り物として世界的に利用する方が増えてきていますが、使用していると必要になってくるのが修理やメンテナンスです。


● 乗っていたら転んで動かなくなった…
● 最近電池の持ちが悪いな…
● なんか変な音がする… etc

こんな時、意外と対処法を知らない方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな電動キックボードの修理やメンテナンスの方法について解説していきます。

まずは商品のメーカーや販売代理店に相談するのがベター。

商品のことをよく知っているということはもちろんですが、メーカーや購入状況によっては保証やアフターサービスを受けられるケースもあります。

代理店への持ち込み修理、メーカーに直接発送し修理を行うなど対応は様々ですが、プロに修理を任せることができる安心感は大きなメリットになるのではないでしょうか。

セルフで修理・メンテナンスを行うケースも多い

メーカーや代理店に対応してもらう以外にも自分でパーツを購入し、セルフで修理・メンテナンスを行うという方法も。

メーカーによっては修理やメンテナンス動画を公開している場合があり、日々の手入れや簡単な修理であれば動画を見ながら対応することができます。

わかりやすく・丁寧に説明されているので、工具を使用することに抵抗が無い方であれば一度挑戦してみるのも良いかもしれません。

まとめ

今回は、電動キックボードの修理についてご紹介しました!

修理はなるべくプロの方に任せた方がいいと思いますが、自分でもやりやすいものです。

修理について少しでもわかっていただけたら嬉しいです。